心理カウンセリングとは

■滋賀心理カウンセリング

精神科・心療内科とは違い薬の処方はせず、聴くこと・話すことを中心に心理療法を行います。
料金システムページにも記載していますが、主に60分~90分を1コマとして完全予約制で受け付けており、
1回でリフレッシュして卒業される場合もあれば、話相手や必要な生活習慣として何年も通われている方もいます。
もちろん安い料金ではないのでセッション(カウンセリング)を受けないに越したことはありませんが、
時代背景的に多くの方々にとってまだまだ必要とされている毎日を送っています。

■リフレッシュカウンセリング

セッション(カウンセリング)をきっかけに、気分を新しく仕切り直す。
それを1回1回の目標にしてもらうようにしています。
簡単ではないことはわかっていますし、1回であっさりと
スッキリできなければいけない訳でもありません。
ただ、出来るだけご自分で「良くなりたい!」という気持ちと
「一緒に良くなるように手伝って!」という気持ちで
セッション(カウンセリング)を受けてほしいのです。

問題が全て、都合のいいように解決するほど世の中は甘くないけれど
それでも少しだけでも、少しずつでも、良いようになっていければと
希望と期待を持って一緒に話して、悩んで、考えて生きましょう。

■7つのお願いごと

☆素直に心を開いて話すこと
☆すねない・いじけない・逃げないこと
☆泣きたくなったら泣くこと
☆思ったことはちゃんと言うこと
☆まず受け入れて前向きに考えること
☆自分を大切にすること
☆大事にしてくれる人を信じてみること

■ハンドコミュニケーション

滋賀心理カウンセリングでは、相談者の希望により
ハンドコミュニケーションというサービスを無料で行っています。

ハンドコミュニケーションとは、片手(両手)に触れながら
セッション(カウンセリング)を行う癒しの魔法です。
握手の形、恋人握り、手に手を乗せるだけでも、
触れ合うことで心を開きやすくなり素直になり優しくなれて
想像以上にポジティブに近付きます。

同性・異性、年齢や相談内容を問わず効果がありますので
セッション(カウンセリング)前の問診票にてお訪ねしています。
まったく強制はしていませんがお勧めの心理療法の一つです。