コラム VOL.20 過度の完璧主義に悩む

朝・昼・夕方、夜も深夜も朝方でも
いつでも大丈夫な24時間 電話受付・面談対応の
大津・草津・守山で大好評の
滋賀心理カウンセリングです。

滋賀県草津市に住む守山さん(仮)30代の女性が
極度の潔癖症というか、超完璧主義というか
あまりにも細かすぎて自分が嫌になるという
そういう内容のカウンセリングがありました。

何が細かく気になりすぎるかというと、
他人の言葉・表情・行動に敏感になりすぎる点です。

しかし自分で行き過ぎてるんだろうなという自覚というか
控える方が気持ちがラクになることに気付いていて、
それでも気になりすぎてしまうということを悩んで相談に
来るようになり、先日で6回目になりました。

徐々に、少しずつ緩和されてきてはいますが、
まだ何でもない時に「思い出し怒り」のような感覚に
イライラしてしまうとのことで、戒めという訳でも
ないのですが滋賀心理カウンセリングのコラムに
記載してほしいとの初めての要望を受けて、
書くことになりました。

いわゆる「気にしぃ」というのはよくあることで、
思春期の異性の言動や、同年代の中での服のセンス、
好きなテレビ番組や歌手、読む本やハマるゲーム等
誰でも、ある程度の周りに合わせようとする気持ちを
持つというのは普通のことであり、良く言えば
協調性と言えるし空気を読む事とも言えるので、
まったく無神経でマイペースすぎるよりは十分に
良いことです。

しかし、何事も度が過ぎるとよくありません。
気にしないでいいことを気にしすぎていたら
自分も、相手も、周りも疲れるだけで、
気にしたってどうしようもない事に振り回されては
本末転倒で、人のことばかり見ている余りに
自分自身のことが見えていないようになると
それはもう、しんどいですよね。

今回のクライアント(相談者)である守山さんは
特に周りの清潔感と、言葉に敏感な状態が続いています。
別に汚く見える訳でも、臭い訳でもない人に対して
「その服って洗濯したてですか?柔軟剤は多めに使ってますか?」
「髪は乾かして終わりですか?なぜスタイリングしないの?」
「その上下の組み合わせは自分でオシャレだと思ってますか?」
など、他人の見た目・服装や着こなしに超辛口です。

しかし、その超辛口が原因でイジメに遭い、友達を無くし、
一人ぼっちの感覚を思い、しかし他人への超辛口は直らない。
もしかしたら無意識の内に卑屈な部分と寂しい部分が大きくなって
引くに引けないじゃないけど、よりオーバーになっていったのかも。
そりゃあ、しんどいですよ。いつまでたっても。自分ばっかり。

自分が気にしすぎなだけで、実は気にするほどでもなく
ましてや言葉にして失礼な質問をするなど無礼千万。
わかってるんですけどね。当の守山さん自身。
それを治したくて来ましたから。それが目的で。

一人ぼっちの感覚になってしまってから、なんとなく
人が怖くて誰にも相談できないようになっている。
というか信用できなくなっている。親も兄弟も。

そうすると、だんだん周りの人たちが自分に対して
悪口ばかり言ってるんじゃないか。
ずっと自分ばっかり陰口を言われてるんじゃないかと
被害妄想が生まれ出し、誰のこともわからなくなる。
自分のこともわからなくなる。

そして、親からしてもどうしようもなくなって
(もちろん見捨てたり見放したりしてないけれども)
第三者であり全く人物像に予備知識がないところに
相談してみたいとなったということでウチへ。

とても苦しんでいました。
最初はもう死んでしまおうかなんて言っていましたから。
今はもうそういう気はなくなって、とりあえず最低限
私のことは信用して心を開いてくれるようにはなって、
良いこと悪いこと何でも話してくれる、愚痴ってくれる
ようになって、月に2回のカウンセリングが楽しみになって
良い発散ができるようになってきてからは少しずつですが
改善に向かっています。

ただ、ここまで読んだらわかるように、
いろんなことが重なって強めの「気にしぃ」になってたけど
「あ、気にしすぎてたのね。なるほどね。あ、そうなのね。」
そんな感じで色んな事を放っておいて黙って様子を見るように
元に戻ることができれば、もうそれでいいんですよ。
気にするより気にしない方がホントは簡単で気楽。

意外と周りみんな、気にしてるようで気にしてないから。
ちょっと鈍感で、ちょっと無神経なぐらいの方がラク。
頑張りすぎたり気にしすぎたりする人ほど疲れてしまう。
誰かが悪い訳じゃないし、もちろん自分を責めなくていい。
「ちょっと・・・疲れたな」と、フッと気にしすぎることに
飽きてしまえばいい。

それから、何をどれぐらい気にするのがいいのか、
誰のことを、どれぐらい気にするのがいいのかを
改めて調整して加減できるように考えてみればいい。
めんどくさかったら休んでたらいい。
ウチに来た時だけその話をするだけでもいい。

「そんな、先生、簡単に言うけど!」って言うけど、
そうね。難しく思ってしまうよね。今はね。でも、
今のままの方がしんどいよ。今までしんどかったよね。
すごくしんどかったと思う。寂しかったと思うし
悲しかったと思うし、めっちゃ悩んで考えてきて
すごく頑張ってきたね。

今までの方が難しい事してたと思うよ。
これからは、私がまず聞くから。
気が向いたらお母さんにも話してみよう。
お父さんも大丈夫と思うし、
お兄ちゃんも優しく味方してくれるから大丈夫。

まずは安心しても大丈夫ってことを思い出そう。
家族は敵じゃないから。
めっちゃ心配してるから。
絶対、ぜんぜんバカになんかしてないから。
それを思い出すだけでもすごく嬉しくなるから。

7回目の心理カウンセリング。
滋賀県草津市からって割と近いから来やすいね。
守山さんと話すのを私は楽しみに待ってるよ。
寂しくなったら電話でもいいからしておいで。

——————–

必要な方に届きますように…

朝・昼・夕方、夜も深夜も朝方でも
いつでも大丈夫な24時間対応
大津・草津・守山で大好評の
【滋賀心理カウンセリング】
 HP → http://shiga-mc.com
ブログ → http://shiga-mc.hatenablog.com
お電話 → 080-8519-1481(カウンセラー直通)
メール → お問い合わせページ
※メールだけでなく電話受付・面談も24時間可

直接カウンセリングルームに来られるクライアント(相談者)の在住エリアは滋賀のみならず三重・愛知・福井・岐阜・石川などにも拡大中です。

当ページのキーワード設定はうつ,不眠,不安,心療内科,精神科,メンタルヘルス,メンタルクリニックです。