コラム VOL.1 残尿感どころではない話

24時間 電話・面談対応の【滋賀心理カウンセリング】です。

知人の50代男性のKさんと連れションした後、

私が「最近、残尿感?あるようになってきてね、嫌やわー」

って言うと、

「俺なんか残尿感どころじゃないで!残尿あるで!出るもん!」

と言うので

「いや、出たらアカンがな!」

と突っ込むと

「薄いズボンやったら滲んで見えてまうもんな。恥ずかしいけど、仕方ないし、年とったなーってしみじみヘコむわ。」

「へー……。年とったなーってしみじみヘコんでる今まさにズボンちょっと濡れてますけど。」

「うわっ!そう、コレ。もう自分では慣れてしもて、あーあってなもんやけどな。」

「へー…。みんなそうなっていくんやねぇ。」

「多分やけど、別に俺が早い方って訳やないからなぁ。50過ぎたらみんなこんなもんやわ。情けないよなー。」

「僕も近いうち同じようにズボン濡らすんやろね。。。」

「お漏らし用じゃなくて残尿用でオムツ売ってるぐらい当たり前なことなんやけど、まぁボケてもないのに自分がこうなるとは若い時には想像もできんかったわな。」

「たしかに。恐ろしい。」

「俺の周りな、まだ40代後半とかもおるけど、やっぱ何かしらみんな病院のお世話になってるし、独身やったりしたら話相手もおらへんし弱ってしもて、孤独感ゆーの?気分が沈んで死にたいとか消えたいとか、言い出す人もおるわ。名古屋の友達とかひどい状態になってしもてな、みんなめっちゃ心配したわ。」

「名古屋の方、自殺願望ですか…。でも本気じゃないでしょ?」

「ほとんどの人は寂しくて、かまってほしい気持ちの現れなんやと思うけど、中には孤独死とかホンマに自殺してしもたり、餓死って場合もある。名古屋の友達は、まぁ今も死んではないし本気で自殺を図ることもないとは思うけど。」

「とりあえず良かった。お金の問題もあるし、家族関係、生活環境から孤独死も餓死も、実は現実に日本でもあるもんね。」

「いなくなりたい、死にたい消えたい逃げたいってのは年寄りには切実に他人事じゃなくなってくるんよ。診断を受けたらうつって言われるやろな。」

「うつですか・・・。なんとも言えないですね。でもまさか、残尿から孤独死の話に発展するとは意外でしたけど、ウチのクライアント(相談者)にもいますよ。精神科、心療内科に行った訳じゃないし、特に何かの精神疾患の自覚がある訳じゃないんやけど、ただただ寂しくて話相手がほしくてウチに相談に来られる年配の方。」

「俺も、いつか世話になる時が来てもおかしくないと思ってるわ。」

「………全体の解決方法って、ないんですかね?今のところ何に期待できるのか、まったく僕にはわからないですよ。」

「先生が政治家になったらどや?(笑)本気で支援するし色んな人に声かけまくるで!」

「いやいや!僕には大舞台すぎますよ!変え方もわからへんし。」

「まぁ、難しいわな…。」

「とりあえず、明るく、元気だしていきましょ!まずは自分から。自分の周りから。」

「そやな。とりあえずコーヒーでも飲みに行こか。名古屋の友達、紹介するからなんとかしたってな。」

「任せてくれとは言うの難しいけど、出来るだけの事はちゃんとさせてもらいます。」

という話をしました。話し終わってもKさんの股間はまだ残尿で濡れており、

堂々とコンビニへ入って行く様はとても勇ましく、すがすがしい男らしさすら感じました。

恥ずかしくて外に出られなくなってしまう方も多い中、Kさんの明るさを嬉しくも感じました。

——————–

必要な方に届きますように…

朝・昼・夕方、夜も深夜も朝方でも
いつでも大丈夫な24時間対応
大津市・草津市・長浜市・東近江市・彦根市・甲賀市
京都市・宇治市・亀岡市・舞鶴市・城陽市・長岡京市
奈良市・橿原市・生駒市・大和郡山市・香芝市・天理市で
利用者が増えています!

【滋賀心理カウンセリング】
 HP → http://shiga-mc.com
ブログ → http://shiga-mc.hatenablog.com
お電話 → 080-8519-1481(カウンセラー直通)
メール → お問い合わせページ
※メールだけでなく電話受付・面談も24時間可

お問い合わせ・ご予約・カウンセリングの数が増えております。
完全予約制・有料サービスということをあらかじめご理解の上で
お問い合わせ・お申し込みをお願いいたします。

当ページのキーワード設定はうつ,不眠,不安,心療内科,精神科,メンタルヘルス,メンタルクリニックです。